読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

気が向いたときに好き勝手書いてます

待っているのは

駄文
最高の週末らしい。
Jリーグ開幕しました。毎週楽しい!土曜とか一日中サッカーやってる最高。昼間Jリーグ見て、夜は終盤に近付いてきてる海外サッカー見てとかしてたら終わる、最高の週末。

勢いとノリで浦和vs磐田見に行ったけど、当日には雨予報もなくなってふつーに試合も面白くて行ってよかった。アクセス「うーん」ってとこはもうどこのスタジアムもそうだから諦めてる。点が入った瞬間の沸き上がる歓声やブーイングはテレビじゃ味わえないしスタジアムならではで良いものがある。一回見に行って欲しいってのもあるけど、それよりもっと気軽にいけるような環境になれば良いなと思います。
別にどこのサポーターとかじゃなくていいからなんとなくいければもっと楽しいのに。


蕎麦食べたい。

イザっていう時

駄文
チャンスってのはどんな人間にも少なくとも3回は絶対に訪れるんだって
で、大人になって思ったんだけどさ
イザそのチャンスが来た時に
それに「飛び込めるか」「飛び込めないか」って
単純にお金の「ある」「なし」にかかってくるコトがほとんどな気がすんだよね

ってハチクロの真山が話したことを間に受けたまま、もう何年も何度も読み返して咀嚼し続けてる。
だって、せっかくのチャンスが来た時に「金が無いから」とかで逃すのくやしいじゃん?
とその後さらっと言ったおまけみたいなとこまで何回も読んでる。そうなのか。大人ってそうなのか。とか学生の頃の自分には妙にしっくりきたんだけど、結局今の自分が読んでも謎の納得感があったまま。


靴の音がなる

駄文
毎年新年になったら靴を買っていると友人が言っていた。何かを始めたり切り替えたりするにはタイミングって大事なんだけど、待つだけじゃなくて自分で意識して変化を作るの良いなと思い、今年は真似て靴を買ってみた。何か変わったかな。靴を買い換えたのがいつぶりか分からない。
身の回りについて良く言えば関心がない、一般的に言えばだらしないのかもしれない。ボロボロの靴でも履けるなら良いし、色あせたズボンでも履けるならそれで良いと思ってしまう。着飾る服を選ぶのが本当に苦手で仕方ない。服を着てドキドキする、そんな感覚を味わえる人は素敵だなと思う。オシャレボーイやオシャレガールがよそ見しながら歩く道を、下を見てすばやく抜けて歩くことに慣れている。

とかなんとか言っちゃってるけど、寝れないだけなんですね。
今年はアニメをみようかなーとか思って、新クールのタイミングで何個か1話をみたけど続けて見てるのは少しでした。落語心中が面白い。録画待てず、遂に夜更かししてリアルタイムで見てしまった。何回も書いたりしてるけど、声優ってプロはすごいんだなって本当に見直した。声のプロだなーすげーなーとか単純なこと頭に浮かべながら見れてる。

ドラクエビルダーズ買ったけど、遊び方が自由でなんだかドラクエ3をやった時の気持ちでやれてる。建物のデザインセンス酷いんだけど、のんびり楽しんでやれてるのが救い。あれをしなさいこれをしなさいがやたらとあるわけでもなく、緩く縛られてる心地よさ。とか思ってると割とさっくり的にやられたり、落下してやられたりその辺シビアなところが良い。「ああ、勇者じゃないもんね」ってなんか納得できてしまう程度に死んでる。しかし建造物作るセンスある人のは見ててすげーなーってなる。
なんとなく2月にぷよぷよのS級リーグ見に行くの実はかなり楽しみ。

寝る、寝ろ、眠れ、おれ、