読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

気が向いたときに好き勝手書いてます

たとえば僕が売れたら

太平洋不知火楽団というずっと好きなバンドがいる。活動休止中だが10月にライブが少しあるそうで、とても嬉しくなっている。

太平洋不知火楽団は自分が東京に出てきて、友人のバンドを除いたら初めてライブハウスにいき、見たバンドだ。
その日のライブは出番が早くて、自分含めて数人と対バンの人とかくらいしかフロアにいなかった。叩きつけるようなドラム、暴れてるベース、叫びながら掻き鳴らしてるギターの3人。圧倒された。こんなにかっこいいバンドがいるのかと。同時に、こんなにかっこいいバンドでもフロアが埋まらないなんて、東京はどんだけすごいバンドがいるんだとワクワクもした。「東京すげえ。東京やべえ。」って。
あまりに色んな感情が体にかけめぐり、他のバンドを見ないで帰ったとこまで覚えてる。それくらい東京に出てきたばかりの自分に響いた。


他のバンドとしてじゃなく、太平洋不知火楽団としてライブしてくれることが何より嬉しい。


たとえば僕が売れたら / 太平洋不知火楽団