読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

気が向いたときに好き勝手書いてます

ラストライブのあり方について

andymoriが解散する。
大阪と東京でワンマンをやり、スペースラブシャワーが最後になる予定だったものは最後に武道館でもう一度と変更された。武道館1万少しのキャパに6万の応募があり、もちろんオークションにチケットは流れてる。
自分はオークションは肯定派です。「定価で行けなかった人がでる」意見は、結局のところ運営のミスであり、「定価以上払ってでも行きたい人はいる」のも事実だから。行きたい人が行けてるのは事実だから良いだろうと。そんなこと言ったらタダで入ってるバンドマンや関係者とかはなんなんだよ、そこのフロアも金払ってるファンに解放しろよ。なんでそんなにラストライブソールドアウトにこだわるのか。ソールドアウトで見れなかった人が出るより、ソールドアウトできなくても一見の人も含め見たい人全員が見れた方が楽しいのに。

7月に解散したBiSは横浜アリーナでラストライブを行った。直前でも果てしないチケットが残っていて、メンバーが街頭演説もしていた。当日、ちらほら空席はあったがほぼ満席の埋まり具合だった。でも、ステージ前最前列、その少し後ろ、アリーナ、2階、チケットもぎりのとこ(1円)と値段が分かれたチケットが出てて、ガチ勢から一見まで見たい人は全員見れた。翌日にシェルターで3万円のライブ打って赤字になりそうなところは確保してる保険。

終わり方、終わらせ方って色々あると思うけど、全員が納得できたのはBiSのやり方かなー。と、ラストライブのチケット争奪戦が起こるたび思い出すんだとおもいます。